おもしろい子

| コメント(1) | トラックバック(0)

あるご門徒さん宅に小学生のおもしろい女の子がいる。
3年生か4年生くらいの女の子。面白い子で、おばあちゃんとお寺に行くのが大好き。
おばあちゃんが一人でお寺に行くと泣いて悔しがる。
なぜならお勤めするのが大好きなんですと。だからお寺に行けないと泣くのです。
聖典をおしいただいて、聖典を開いてお坊さんと一緒にお勤めするのが大好き。なんとうちの父ちゃんのファンなんだと!
毎月お参りに行くと、家にいるときは必ず後ろに座ってくれる。

最近、親鸞聖人がお書き下さった『正信偈』のお勤めを暗記中らしい。
いま現在2ページ暗記完了!

私が「ぜんぶ漢字だから意味わからんだろ?」と聞くと、ニコニコと頷く。
「じゃあ今日は少しだけ教えてあげよう」と言うと、目を輝かせる。

明水「法蔵菩薩因位時(ほうぞうぼさついんにじ)とあるでしょ、これは阿弥陀如来という仏さまが法蔵菩薩という位にさがられたときにという意味なのだよ。わかる?」
女の子「・・」

明水「ほうぞうぼさつという菩薩さまのくらいのときに、君のことをどうにかしなきゃと思われたんだね」
女の子「・・」

明水「君が生まれるもっともっともっと前から君のことをずーっと思ってくださったんだね法蔵菩薩さまは」
女の子「・・」

明水「それで長い長い苦労を君のためにしてくださったんだね」
女の子「・・・・」

明水「覩見諸仏浄土因(とけんしょぶつじょうどいん)とあるでしょ、この覩見というのには見るという字が入ってるでしょ。法蔵菩薩さまは君のために210億の仏さまの世界を見たんだね」
女の子「・・・・!!!!

明水「そして君をすくいとるすばらしい世界をつくられたんだね」
女の子「・・・・」

明水「長いご苦労の末に菩薩さまから仏さまになられるんだけど、そのとき、声の仏さまになられたんだね」
女の子「・・??

明水「それが南無阿弥陀仏なんだねー」
女の子「・・・??

明水「君の口にナンマンダブツと響く声の仏になられて、君の耳にナンマンダブツと聞こえる仏になられたんだねー
女の子「・・・・???

明水「ナンマンダブツと言ってみなさい」
女の子「・・なんまんだぶつ」

明水「聞こえた?」
女の子「うん」

明水「よかったね阿弥陀さまがいつも一緒だね」
女の子「へーー!

明水「じゃあ今度は阿弥陀さまの十二の光の話をしてやるからあと2ページ暗記しときなさい」
女の子「・・・・・・」

明水「阿弥陀さまは君をいつでも十二の光で照らしているよ」
女の子「・・!!!!

女の子の目はきらっきらに輝いていました。

仏さまの話は目を輝かせるんだなー。

・・うわさ話で目を輝かせる人もいるけども。

日頃うわさ話を好んで聴き、うわさ話を好んで話す私たちですから、お寺で仏さまの話を聞きませんか。
うわさ話は人さまの話。仏さまの話は私に問いかかってくださる話。生まれて年をとって病にであって死んでいかねばならない私に問いかかってくださるお話です。

深川倫雄勧学和上が、『大無量寿経』の講義の途中で、
「あんたら坊さんは幸せもの、ご門徒さんの法悦の中を生きる幸せもん」とおっしゃった。
法悦とは仏法に遇えた悦び。
ちっちゃな女の子の法悦に育てられた一日でした。

今現在、この子が暗記しているのは。
帰命無量寿如来 きみょうむりょうじゅにょらい
南無不可思議光 なもふかしぎこう
法蔵菩薩因位時 ほうぞうぼさついんにじ
在世自在王仏所 ざいせじざいおうぶっしょ
覩見諸仏浄土因 とけんしょぶつじょうどいん
国土人天之善悪 こくどにんでんしぜんまく
建立無上殊勝願 こんりゅうむじょうしゅしょうがん
超発希有大弘誓 ちょうほつけうだいぐぜい
五劫思惟之摂受 ごこうしゆいししょうじゅ
重誓名声聞十方 じゅうせいみょうしょうもんじっぽう

ナイスだぞおもしろいちびっ子!icon:thumbsign

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://syoumyouji.jp/mt/mt-tb.cgi/55

コメント(1)

私もお話頂きました。
「なんまんだぶ」と声が聞こえました。
ありがとうございました。

コメントする

検索

購読/ポッドキャスト購読