御正忌報恩講

| コメント(0) | トラックバック(0)

例年通り御正忌報恩講が勤まります。

◆日時 1月9日~16日
◆場所 勝明寺本堂
◆講師 当山住職 当山副住職


1月10日(月)
【お晨朝】午前6時30分 勤行・お茶


1月11日(火)
【お晨朝】午前6時30分 勤行・お茶


1月12日(水)
【お晨朝】午前6時30分 勤行・お茶


1月13日(木)
【お晨朝】午前6時30分 勤行・お茶
【法要】午前10時30分 勤行・法話・お斎

  
1月14日(金) 
【お晨朝】午前6時30分 勤行・お茶
【法要】午前10時30分 勤行・法話・お斎


1月15日(土)
【お晨朝】午前6時30分 勤行・お茶
【法要】午前10時30分 勤行・法話・お斎
【大逮夜】午後7時30分 勤行・法話・御伝鈔
    

1月16日(日)
【法要】午前10時30分 勤行・法話・お斎
【御満座】午後1時30分 勤行・法話

『御正忌報恩講(ごしょうきほうおんこう)』が勤まります。浄土真宗の開祖親鸞聖人は、1173年にお生まれになり、1263年に90歳でご往生なさいました。

親鸞聖人のご命日が1月16日。

このご命日をご縁として勤めるのが御正忌報恩講で、全国の真宗寺院にとって一番大事な法要です。

御正忌中は内陣余間に聖人のご生涯が画かれた御絵伝が四幅奉懸されます。
201101090.jpg

去年も4日間で500人以上の法要参詣でした。

お斎も座って下さいませ。お寺では御正忌中は一週間すべて精進です。
おいしいお斎をいただきましょう。子供さんお孫さんも一緒にお参りくださいませ。

いよいよ宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要の年の幕開けとなります。

◆初お講(はつおこう)    
 昨年の御正忌以降に亡くなられた方のご家族が、初めて御正忌報恩講にあわれることを『初お講』といいます。初お講のご遺族は15日大逮夜にもお参りください。お待ちしております。
この夜はロウソクが灯され、暗がりの中で『御伝鈔』の拝読があります。

多くの御遺族が集まります。お勤め後に、ぜんざいをお出しします。

◆お晨朝(おあさじ)              
1月10日から15日まで、朝6時30分より7時まで本堂でお勤めがあります。ふるってご参加ください。毎年、気持ちの良い朝をむかえております。お勤めの後はお茶をお出しします。
みんなでお参りください       
   
御正忌中は沢山のご門徒さんが来寺されます。
精進料理作り、お茶出し、掃除等のお手伝い出来る方、是非お願いします。地区総代さん方も繰り合わせて御出仕下さいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://syoumyouji.jp/mt/mt-tb.cgi/278

コメントする

検索

購読/ポッドキャスト購読