2009年4月アーカイブ

| コメント(48) | トラックバック(0)

京都で常例布教を終え、熊本へ帰る途中に山口県に寄ることにした。

「出産後の妹の様子を見るため」ではなく「産まれたてのニュー姪っ子を見る&甥っ子と遊ぶため」の途中下車。

新幹線に乗る前に京都駅前のビックカメラでおもちゃを物色。

姪っ子には0歳児用のガラガラおもちゃ数点とブタのぬいぐるみを購入。

しゃべるようになってきた甥っ子には何を買おうか迷う。
「レゴブロックが好きだそうだが、レゴは去年送ってあげたしな・・。」
新しいおもちゃでせめるか・・?
そろそろミニカーや電車に興味を持つ時期だ・・。
ここは・・トミカかプラレールか・・。
プラレールはいいかもしれない。まてよ意外と飛行機か・・???それともガンダムか?!
アンパンマンもアリだ・・。いやザクか?!ギャンか?!グフか?!ガンタンクか?!

1時間ほど悩んだあげくに、レゴかプラレールかの二択にしぼりこむ。
左手にレゴの車、右手にN700系新幹線のプラレール。
な・・なやむ!

甥っ子にとって「初めてプラレールを与えた男」となるか。
いやいや「無難にレゴを贈り続けた男」でも悪くはない。

悩んだあげく両方買っちゃえと思った。
「悩んだあげくにめんどくさくなってレゴとプラレールを買ってきた男」でもいいと思った。
2つ買えばいい、オレが駅弁を我慢すればいい、オレがビールを我慢すればいい。
気がつくと半笑いでレジに立つ私。

京都駅で追加のチケットを購入し、新幹線に乗り込み、うたた寝しつつ山口県に到着。

駅からタクシーで20分。
義理の弟さまと嫁いだ妹さまのお寺に到着。

挨拶をすませ、姪っ子と対面。寝ている姪っ子!
わお!かわいい!はやく大きくなるのだぞ姪っ子!
2009042600.jpg

そしていよいよ甥っ子にプレゼントタイム。

レゴをわたすと・・び・・びみょう!!
icon:f993微妙な反応!あぶないあぶないレゴではなかった。

即座にプラレールを渡すと・・超ナイス反応!
icon:f991ああ間違ってなかった!2つ買ってよかった!

甥っ子は「きしゃ!きしゃ!しゅっぽ!しゅっぽ!」と大合唱。
2009042601.jpg
N700系ばんざい!!

こうして私は甥っ子にとって「毎回ごちゃごちゃ色んなものをくれる男」となったのである。

| コメント(2) | トラックバック(0)

本山常例布教より熊本自坊へ帰ってまいりました。
なんともありがたいご縁でした。

真宗教会の皆さま、各地区より参詣のご門徒様方の熱心なお聴聞におそだていただきました。

先輩や後輩も来て下さいました。
宗学院の方々もお聴聞くださいました。
伝道院の皆さまや、布教専従職の方々もお聴聞くださり、色々と話す機会もあってまことにありがたかった。
義理の弟様も、親戚の伯母様もご聴聞くださった。
宗学院の事務の先生も来られてありがたい。
霊山和上が法義示談前にお聴聞くださり、まことにありがたかった。

いろんな土地のご住職様と話をさせていただいたり、お聴聞後のご門徒さんと楽しく話し込んだり、スタッフの人と話し込んだり。
なんともありがたかった。

本山の如来様とご真影様の前に座ったときには涙ぐみました。ありがたい。

尊いおそだてを賜りました。

ありがたい6日間でございました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

晨朝布教
■『正像末和讃』
「無明長夜の灯炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ」

■ご本願は無明を照らす光、沈む衆生をわたす船。
■ご本願のごとくにお念仏が出てくるありがたさ。

honzan6.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

晨朝布教
■『正像末和讃』
「五十六億七千万 弥勒菩薩はとしをへん まことの信心うるひとは このたびさとりをひらくべし」

■わたし一人がためなりけり、仏にならせていただくありがたさ。
■不可称不可説不可思議の功徳。

逮夜布教 午後2時
■ご讃題 『歎異抄』
「浄土の慈悲といふは、念仏して、いそぎ仏に成りて、大慈大悲心をもつて、おもふがごとく衆生を利益するをいふべきなり。今生に、いかにいとほし不便とおもふとも、存知のごとくたすけがたければ、この慈悲始終なし。しかれば、念仏申すのみぞ、すゑとほりたる大慈悲心にて候ふべきと。」

■浄土の慈悲について。
■『大経』には方法はなく、『観経』には方法をとく。定善散善の後に念仏を付属するのはなぜ。
■仏になり真の救済活動を自在にさせていただく。

初夜布教 午後7時
■ご讃題 『正像末和讃』恩徳讃
「如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし」

■『恩徳讃』。
■『観念法門』。
■節談説教のことば。
■自然法爾。
■身を粉にしても骨をくだいてもかえせないほどの仏恩。

honzan5.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

晨朝布教
■『正像末和讃』
「弥陀の智願海水に 他力の信水いりぬれば 真実報土のならひにて 煩悩・菩提一味なり」

■一味。
■『論註』の清浄功徳、性功徳。
■同一鹹味。
■仏にさせていただく。

逮夜布教 午後2時
■ご讃題 『本典』教巻
「つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について真実の教行信証あり。それ真実の教を顕さば、すなはち『大無量寿経』これなり。」

■『大経』の四十八願。
■往還二廻向。
■1願2願3願4願5願6願7願8願9願10願11願12願13願18願21願22願23願26願29願31願32願35願38願を味わう。

初夜布教 午後7時
■ご讃題 『正信偈』
「弥陀仏の本願念仏は、邪見・驕慢の悪衆生、信楽受持すること、はなはだもつて難し。難のなかの難これに過ぎたるはなし。」

■自力と他力。
■自分のてがらにしたがる私たち。『大経』に示してあるのは「わたしがせねばならない苦労」ではなく「わたしのために如来さまがしてくださった苦労」。
■『観経』と『大経』の説きぶりの違い。
■二種深信。

honzan4.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

晨朝布教
■『報恩講式』
「弟子四禅の線の端に、たまたま南浮人身の針を貫き、曠海の浪の上に、まれに西土仏教の査に遇へり。」

■難しいなかに、人の身をいただき、仏さまの教えに遇う。
■このことはあたりまえのことではなかった。不思議なご縁であった。

逮夜布教 午後2時
■ご讃題 総序
「ひそかにおもんみれば、難思の弘誓は難度海を度する大船、無礙の光明は無明の闇を破する恵日なり。しかればすなはち、浄邦縁熟して、調達、闍世をして逆害を興ぜしむ。浄業機彰れて、釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまへり。これすなはち権化の仁斉しく苦悩の群萌を救済し、世雄の悲まさしく逆謗闡提を恵まんと欲す。ゆゑに知んぬ、円融至徳の嘉号は悪を転じて徳を成す正智、難信金剛の信楽は疑を除き証を獲しむる真理なりと。」

■『阿弥陀経』のお浄土。
■一代結経。
■「西方過十万億仏土」とお示しになったお慈悲。智慧から慈悲。
■『論註』の「無相故能無不相」。

初夜布教 午後7時
■ご讃題 『歎異抄』
「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。さればそれほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ。」

■他力信心とは。
■五劫思惟はわたし一人がためのご苦労であった。
■『阿弥陀経』の「一心不乱」。

honzan3.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

晨朝布教
■『正像末和讃』 
「無明煩悩しげくして 塵数のごとく遍満す 愛憎違順することは 高峰岳山にことならず」

■無明煩悩、愛憎違順のわたしの口に響き、耳に聞こえる仏さま。
■阿弥陀さまがご一緒でございます。

逮夜布教 午後2時
■ご讃題 『歎異抄』
「弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、すなはち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり。弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。」

■阿弥陀さまの誓願不思議。
■如来さまのひとりばたらき。
■私たちに方法や行動や心をもとめる如来さまではない。

初夜布教 午後7時
■ご讃題 総序
「ひそかにおもんみれば、難思の弘誓は難度海を度する大船、無礙の光  明は無明の闇を破する恵日なり。しかればすなはち、浄邦縁熟して、調達、闍世をして逆害を興ぜしむ。浄業機彰れて、釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまへり。これすなはち権化の仁斉しく苦悩の群萌を救済し、世雄の悲まさしく逆謗闡提を恵まんと欲す。」

■『観経』~機の真実。『大経』~法の真実。
■『観経』「阿弥陀仏去此不遠」。
■私たちの苦しみを見抜いた仏さま、泣いてばっかりの日暮らしでも、だめなやつじゃとは仰せにならない仏さま。

honzan2.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

逮夜布教 午後2時
■ご讃題 『正信偈』
「法蔵菩薩の因位の時、世自在王仏の所にましまして、諸仏の浄土の因、国土人天の善悪を覩見して、無上殊勝の願を建立し、希有の大弘誓を超発せり。五劫これを思惟して摂受す。重ねて誓ふらくは、名声十方に聞えんと。」

■阿弥陀さまの南無阿弥陀仏と届いて下さったご苦労。
■『大経』と『正信偈』について。
■南無阿弥陀仏は声の仏さま。

初夜布教 午後7時
■ご讃題 『本典』総序 
「ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。もしまたこのたび疑網に覆蔽せられば、かへつてまた曠劫を経歴せん。誠なるかな、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ。」

■方法ではなく名号のいわれをお聞かせいただく。
■「遇」とは。
■遇いがたい教えにいま遇う。

honzan1.jpg

| コメント(23) | トラックバック(0)

この度、本山常例布教に4月21日逮夜より26日晨朝まで出講いたすことになりました。
万障お繰り合わせのうえ、ご参詣くださいますようお願い申し上げます。

日時 平成21年 4月21日~26日
場所 西本願寺 京都市下京区堀川通花屋町下ル

晨朝布教 お晨朝後
逮夜布教 午後2時
初夜布教 午後7時

くわしくは本願寺ホームページにて

| コメント(71) | トラックバック(0)

伯父様のお寺はまことにありがたかった。
全四回のおとりつぎの後、伯父様に色々と注意点を教わる。
ありがたい。
改善すべきところがわかるということはまことにありがたい。

昔、走り回ってたお寺で、従姉妹とスイカくってたお寺で、従姉妹とマンガばっかり読んでいたお寺で、おばちゃんにオモチャ買ってもらってたお寺で、仏様の話をさせていただくことはまことに感慨深い。

お聴聞くださるお同行もありがたい!

毎回最前列でうなずいてくれた方々、尊いお育てを賜りました。
ありがとうございます。

夜は夜でおじちゃんと飲みつつご法義の話。なんともありがたい。

私もいつか甥っ子達を自坊にご講師として迎えたいと思った。
その日まで一生懸命勉強せねば。
そして甥っ子にガンガン飲ませるためにも肝臓を鍛えておかねば。

帰りの車の中でおじちゃんに子供のころ怒られたことを思い出した。
おじちゃんのレコードをフリスビーにしたためだ。
たしか何枚か割った。
なつかしい・・そりゃあ怒るわと独り笑う。

おじちゃんのお寺はありがたい。
おじちゃんのお寺はうつくしい。

国道から坂道をのぼる。
200904170.jpg

左手に納骨堂の美しい庭。
200904173.jpg

そこをこえると本堂。
200904174.jpg

本堂横にも美しい庭。
200904175.jpg

綺麗な玄関。
200904176.jpg

その横も美しい。
200904177.jpg

中庭がまたまた美しい。
200904178.jpg

ちなみに伯父様はこわもてですよー。

検索

購読