2009年6月アーカイブ

| コメント(10) | トラックバック(0)

山口県俵山温泉にて雨期安居懸席。
深川和上の『化巻』の講義を拝聴。
200906250.jpg
今年度も100名以上の参加!
にぎやかにぎやか。
沢山のお坊さまが研鑽!
200906251.jpg

24日の晩に京都より山口へ到着!
お夕事にも参加させていただき、その後の夕ご飯はとても有り難かった。

その後、毎年宿泊する山下旅館へ。
温泉を楽しみ、懇親会がおこなわれている支坊へ。
和上様や、親戚関係や、お世話になっている先生方にご挨拶。

いつも大変お世話になっている広島の先生の「あした会読出なさい!」とのお言葉。

25日朝5時に起床、それから猛勉強!
お昼には会読。それまで猛勉強!

会読とは問者と答者に分かれ、問われたら答える。
それによって義を深めていく学問方法。
その答者になる・・。猛勉強しとかないとどうにもならぬ。

論題は「大行名体」!

終われば終ったで、「勉強になったので今年も来て良かった会読できて良かった」と思う。

問者の先生ありがとうございました。
広島の先生ありがとうございました。

和上さまありがとうございました。
車に乗せてくれた孫さんありがとうございました。
夕ご飯最高においしかったです。

山下旅館もあいかわらず有り難うございます。

あー俵山温泉の雨期安居は有り難くて楽しい。

深川和上がおられなかったら私は芸能界を辞めていなかったかもしれない。

京都駅切符売り場で「あっ!ジョビジョバの明水さん」と驚かれた。
久しぶりの芸能人気分を味わいつつ山口行きの席を取る。
「いつも見てました、がんばってください」と言われたので・・勉強がんばったぜ!

雨期安居でも「ジョビジョバの人が何やってるんですか!?」と気づいてくださった若いお坊さまアリ。
久しぶりの芸能人気分を味わいつつ一緒にお酒飲ませていただいた。
ジョビジョバの人がお坊さんをやってるんです!

| コメント(46) | トラックバック(0)

京都西本願寺の朝はいつも気持ち良いです。
晨朝勤行。
20090623.jpg
ご門徒様方、こんど一緒に本山行きましょう!

本日夕方までは京都、予定では本日中に山口県に入り、雨期安居に参加します。自坊の法務しだいであるが・・恐らく行けるだろう。

深川和上のもとで勉強できるのである。
色んな先輩方や知人にお会いできるのがまた楽しみで、親戚にも会える。
100人くらいのお坊さんが集まっています。

さらに温泉地にあるお寺で行われるので、勉強後の風呂も毎年楽しみ。

スーツケースで移動することが多いのだが、むかしはピシッと整理してビチッとつめこんでいたが、最近はエイヤッと投げ入れるようにつめこんでいる。
大事なもの(お聖教)や精密機械(パソコン)は別カバンに。
そうでない「さきいか」「Tシャツ」「洗面道具」などなどはエイヤッとスーツケースへ。
明日は「さきいか味Tシャツ」になっていることだろう。
歯磨き粉も・・そんな味へ。

| コメント(76) | トラックバック(0)

本日は布教大会!
20090622.jpg
お隣の種山組が会所となって本日8人、明日8人の布教使で法話。
私も本日午前2番手で出講。
一人30分と短い時間である。
さらに多くの方に熱心にお聴聞いただくのであっという間に感じる。
おとりつぎ後はご門徒さん方とともにお聴聞。
これが楽しい。
いろんな先生方のお説教お聴聞!
午前10時から午後4時まであるのだが、本日京都へ向かうために午後2時で会所を出る。
明日は天台四教儀の発表をするのだが、前年度に作ったレジュメなので思い出す作業を電車の中で。思い出せないところアリ。

4月の京都での布教中、講師部屋にこもりっぱなしで法話考えた。
それで太った。
6月の京都での発表のため、部屋にこもりっぱなしで資料読んだ。
それで太った。
本日で3キロぴったり落としてナイス。
あと1キロおとせば体重60キロ。
体重の上下をコントロールできるのは芸能界時代のテクか?
必殺技は「重りをつけて走りまくる&あんまり食わない」である。
しかし酒は飲むのです!

いま電車の中でボリボリと「じゃがりこ」を無心で食べる人発見!
なんとも落ち着く光景である。「じゃがりこ」はこのように食べたいものである。
もうすぐ博多着、そこから新幹線にのりかえです。

| コメント(31) | トラックバック(0)

本日は午前中に法務をすませ、お昼に八代から車で北へ1時間半ほどの玉関組(ぎょくかんそ)へ出講。
「若婦人会」の総会ということで20代から80代のご婦人方。
「若」もとれた「婦人会」の人も参詣してくださってある。
50名ほどの方と如来さまのお慈悲を味わう。
熱心にお聴聞くださった。

本日の会所のお寺さまは二度目のご縁になるが、本堂が大きくて見事。
200906210.jpg
いたるところに美しい彫刻あり。
建立したご住職が彫刻を好む方だったそうだ。
彩色が落ちているところもあるが、豪華さが伝わってくる。
200906211.jpg
うーん素晴らしい。

200906212.jpg
何もよりどころのない私たちの「究極的なよりどころ」になってくださる阿弥陀さま。
私たち一人一人の奥底まで見抜いた阿弥陀さま。
いつもご一緒下さる阿弥陀さま。
南無阿弥陀仏と一人一人に届くためにご苦労くださった阿弥陀さま。
大無量寿経には私たちがしなければいけない苦労が説いてあるのではなく、阿弥陀さまがしてくださったご苦労が説いてある。いまこの口にナモアミダブツと届くためのご苦労である。

そんな仏さまがご一緒ですと子供さんたちに伝えて下さいと話をする。
今日の講題は「子どもに伝える、いのちの話、仏さまの話」

いのちの話をして、そして何よりも仏さまの話をしていただきたい。

本日の法話中に演台の上にびっくりしたことに「やもり?」がいた。
しかし「やもり」なのか「いもり」なのかよく分らない、そのどちらかがいた。「やもり」は爬虫類で、「いもり」は両生類。この区別を私は知らない。
「かれい」「ひらめ」の区別も知らない。

この「やもり」「いもり」も仏さまの慈悲のなかを生きている。
「みみず」「ハエ」も慈悲の中。
「鮎」「カラス」も慈悲の中。
私のいのち「やもり」か「いもり」のいのちも慈悲の中。

「やれ打つなハエが手をすり足をする」という一茶の俳句を思い出しながら話す。

ふと思い出したように「タモリさん」の話もしてみた。

| コメント(62) | トラックバック(0)

6月15日(月)の夜から京都へ入る。
6月16日(火)に研究テーマの発表をする。
だいぶ長いレジュメを作製したため反省しつつの発表。
先生、先輩方や後輩方から色々と指摘、ご指導を受けまことに有り難い。
「一乗思想」について調べたがまだまだやらねばならぬことが沢山ある。
がんばりたい。がんばります。がんばらねば。
6月17日(水)に熊本へ戻る。
本年度前期の演習発表というえらく緊張するものが終了しホッとする。と同時に後期どうしようという不安で再び資料集め。

6月20日(土)。
熊本宇土の寺族婦人の勉強会へ出講。
もう3年目になる勉強会で9回目。
毎回、レジュメを作製し、毎回、信心正因について話をさせていただく。
今回は「蓮如上人がお書き下さった『御文章』の信心正因」
「タノム」「タスケタマヘ」という語句の意味等、少少ややこしいところもありつつの2時間。
坊守様方が非常に熱心であっという間に毎回過ぎていく。
毎回、色んな御菓子を持ち寄られるのでそれも楽しみ。
私は毎回八代のおいしいと評判のプリンやケーキを持参。

今回、なんともバタバタしてレジュメ作製し、仏事の後に飛び出すようにして向かったのでコピー機にレジュメを残したまま到着。
高速道路の途中でせっかくつくったレジュメを忘れてきたことに気づく。
父に連絡して会所にFAXしてもらいコピー。
ああ!文明の利器はナイスです!

レジュメは家に忘れたくせにしっかりとケーキは持って行った私
しばし皆さんと一緒にそのことで笑う。
いつも会所のお寺のお座敷で勉強します。
20090620.jpg
毎回勉強させていただく、それを話させていただく。これがありがたい。
毎回、おいしい御菓子を食べる。色んなお話をしつつ御菓子。
おいしいコーヒーや紅茶、毎回数種類の御菓子。

世の中の女性方がこのような時間を好まれるのが少し理解できた気がする。
私もこの2時間は乙女!

お寺の住職だけでなく、坊守様方も熱心に勉強されるのです。
すごいことです。
その姿に感動して毎回レジュメをせっせと作らせていただく。
ありがたいことです。

そのレジュメを全部忘れてケーキだけもっていく。
おもしろいもんです。

| コメント(70) | トラックバック(0)

今日は宇土市にある、保育園の保護者会に出講。
独身が「子育てテクニック」なんて話すことなんてしません。
一緒に考えましょうと50分ほど話してきました。
50人ほどの若いお母さん、お父さんたちに仏教の話。
たまに芸能界時代の話を交えつつ話す。
いつもより多くの方が来てくださったみたいでありがたい。
200906130.jpg
園長先生もよろこんでくださった。
生まれてきたこと、そして子どもが生まれてくれたことのありがたさに気づいてもらえただろうか。
何かのヒントになればと思う。
子どもの声が響いて賑やかだった。
仏教の教えというのは年代を問わない。
若い人でもいざ話し出すと興味津々となる。
生まれて年をとって病にあって終わるということを問題にするからかもしれない。
これからもこういうご縁は大事にしていかねば。
たまに企業や学校に話しに行く。
昔は、あまり仏教仏教した話だとはねつけられるかもしれないとビクビクしていたが、最近は仏さまの話して帰らないと意味がないとまで思う。
仏教は人を惹きつける。魅力がある。
なぜなら自分のことが問題となるからだろう。
帰り道遊具で遊ぶ子ども達。
200906131.jpg
遊具でめちゃくちゃ遊んでいた幼い頃を思い出す。
冬も夏もほとんど上半身裸だった。
ほとんど毎日鼻をほじっていた。
チクワとウチワの区別がつかない子どもだった。
トンボとチョウチョの区別がつかない子どもだった。

| コメント(59) | トラックバック(0)

夜7時30分より熊本でも熱心な種山組に出講。
さすがのありがたいご参詣。
若婦人会の集いなのでコーラスあって、そして法話。
講師部屋に美しいコーラスが聞こえてくる。ほぉおお!きれい!!

40分二席を熱心にお聴聞いただいた。
若いころから教えに遇うことはいいですね。
金曜夜にもかかわらず50人ほどのお参り。
ありがたい。
身が引き締まる思いだった。
若くて初めてお寺に来る方もおられる。
だからこそ阿弥陀仏という仏さまがどのような方かを丁寧におつたえしなければいけない。
いつもご一緒の阿弥陀さま。

明るくて熱心で和気藹々。いいですなー若婦!
子ども達も境内を走り回っている。
楽しいですなー。
お寺とはなんともホッとした楽しいところです。
法話終わって本堂を撮影させていただく。
200906120.jpg
仏さまの話を聞いた人たちはどんな心持ちで帰宅するのだろうか。
どんな思いでこの本堂から出て行かれるのか。
200906121.jpg
不思議なご縁だったなぁと思ってくださるのだろうなぁ。
ありがたいですなあ。
ここの若院さんはなんと全国でも有名なDJだったりするのだが・・。
世界各地で活躍してるのだが。
おもしろいなぁ。
私同様変わり者。楽しくお話しました。
こんど変わり種僧侶の会でもしてみるか。

| コメント(91) | トラックバック(0)

昨日新幹線で京都から熊本へ戻ってきました。
「高校の同級生が一人東京から仕事で熊本に来る」とのことで同級生4人で集合。
昨晩9時に熊本駅で途中下車し、2時間ほど参加。

青雲高校は寮だったので、3年間、同じメシ、同じ風呂。
山の上の寮なので、部活やってたらめったに下山しない、故に3年間同じ顔
男子校だったのでなんとも男気あふれる人間が多い。
久しぶりにあっても親戚みたいな感じにすぐなれる、そんなナイス高校である。

今回熊本に来ていたのは沖縄出身、東京在住のT君。
ハーフみたいな美男子で、相変わらず若い。
高校時代は同じバスケ部で、県内のバスケ女子にキャーキャーいわれていた甘いマスク。
性格はTHE沖縄!

バリバリの久留米男児、O君。
理想的な久留米男児。芯が通ってる。よく見ると鮎川誠みたいだ。
めんたいロックだ!

ひっさしぶりに会う熊本のH君。
まったく変ってない、若い。火の国の男だ。
肥後もっこすだ!

青雲は一学年250人中70人くらいが医者になり、40人くらいが歯医者か薬学部へ。
つまり3人に1人くらいがそんな関係にすすむ。
本日も一人医者、一人医療機器、一人財団法人、そして遅れて合流したワシは昔ジョビジョバ今坊さん。
懐かしい話も沢山でる、酔って同じ話も沢山でる、皆九州男児なので酒好き。
本日法話に行かねばならなかったので終電前に帰らせてもらう。
同級生には「俺の酒が飲めないのか!四次会行こうぜ!」的な人間が多いのだが、無事帰宅。
青雲の同級生は皆なぜか老けない。酒が原因か??

本日は熊本の山側の人吉へ布教。
初てのご縁。
八代から車で1時間半。
200906110.jpg
築十数年の本堂と、新築の庫裏と、その横には保育園。
明るい雰囲気であった。ありがたい。

ここ数日、レジュメの作製で寝不足だったので、お寺に夕方戻って爆睡。
レジュメの分量が多すぎたので再検討していそいでまとめたい。

注文していた靴到着。
ナイスな配色。
200906111.jpg
ハッピーカラー!

あっ、ね・・ねむい。
眠ります。

| コメント(63) | トラックバック(0)

本日は熊本市へ。
坊守会へ出講。
他力信心の話をさせていただく。
15名ほどの坊守さんたちと昼食まで頂いて、色々と話してきました。
楽しく過ごしました。
少少ややこしい話してしまったかなとも思っておりますが。
勉強勉強!あー勉強せねば。

八代へ帰り、猛烈な睡魔におそわれて2時間眠る。
そして新八代駅から特急にのり博多へ、そこから新幹線で京都へ。

その車内で更新中。
電車の揺れに負けないようにレジュメ作製。
ちょっと乗り物酔いしそう。
そんなときも『兄弟船』。
なあぁああみのたにまぁああにいのちのはなぁあああがぁあああああああ。

| コメント(50) | トラックバック(0)

今日は朝から天草へ。
仏教婦人会法要へ出講。去年もお世話になったお寺さま。
天草は熊本でも美しいところ、お魚がおいしいところ。
海と緑に気持ちいい風。
イルカもバンバン泳いでおります。
海沿いの車道からイルカの群れが見えることもあるすてきな場所です。

八代からフェリーに乗って50分で天草。
200906070.jpg
船に乗るとなぜだか『兄弟船』が歌いたくなります。
鳥羽一郎な気持ちになって。
おれぇと~あにきのぉおおおよぉおおお~。

天草に到着。
200906071.jpg

天草のお寺さまはなんともありがたい。
本堂の真横に南国ムードの木。
200906072.jpg
名前は「フェニックス」という木だそうです。
なんともかっこいい名前。
強そうです。

ご門徒さまもありがたい。
ここのお寺さまの仏教婦人会は結成80年以上
婦人会の仏旗(ぶっき)も戦前からのものです。
200906073.jpg
真宗のおみのりが丁寧に伝えられてきた土地です。
今日は三部経さまの法話をさせていただきました。
熱心なお聴聞でした。
歴代住職方のすごさを感じました。

ご門徒さま方がお仏飯を丁寧にあげ、親鸞さまの命日を大事にお勤めなさる。
ただただ仏さまの前に座るだけで私は嬉しいという方もいらっしゃる。
船に乗り漁に行くときも阿弥陀さまとご一緒だという方もいらっしゃる。
町中の色んなところで法座が開かれてきた土地です。
ありがたいご縁でした。

天草というと天草四郎。キリスト教のイメージを天草に抱く方もおられますが、浄土真宗のおみのりが丁寧に伝わっている土地でもあります。

帰りもフェリーで八代へ。
200906074.jpg
とりあえず歌う。
おれぇえええと~あにきのぉおおおおおおおよおおおお~。

無事自坊へ到着。
さて、明後日までに発表レジュメを作製せねばならぬ。
仕事も山積み。
二階の自分の部屋から空を見上げ、ちょっとだけ「間に合うのだろうか」と不安になる私。
200906075.jpg

そんなときには『兄弟船』を歌う。
あつぅううい~この血はよぉおおおおおおお~おやじゆずりだぜええ~
しかし、うちの家系はみんな一夜漬けタイプ。
父も姉も妹も一夜漬けタイプ。
親父ゆずりじゃダメじゃん俺。


追記
天草の道路を車で走るとインパクトのある看板が多い。
「タコ街道」
「イルカ通り」

・・これくらいならいいのだが。

「ニュー天草病院」
・・「ニュー」とつくのはホテルかパチンコ屋くらいだと思っていたが病院に「ニュー」
なんかすごそうだ!

検索

購読