2011年6月アーカイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は宇土北組の坊守会へ出講。
201106300.jpg
年に数回、講義をさせていただいております。

浄土真宗の基本的なことを学びます。
毎回レジュメを作成し、車で行って、講義してお茶してお菓子いただいて講義して。
とても楽しく過ごさせていただいてます。
もう4年目か5年目です。

芸能界から帰ってきて宗学院へ行きだした僕をすぐ呼んで下さったのです。
ありがたいご縁です。

妻の弟の親友さんのお母さんも来られております。
妻と遠い親戚にもなるそうです。

お寺の世界は狭くて面白いです。

・・特に九州。・・特に佐賀。

これからも勉強&勉強でございます。

結婚関係のものは勝明寺ブログに更新中!

どんどんやっていきたいと思っております。

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんだかんだで忙しうございました。
八代組の会合、若婦人会、自坊の総代会などなど。

6月12日に自坊の浄土真宗基礎講座を。
大雨にもかかわらず40人ほどのご参加でした。
今年は『正信偈』の依釈段を学びます。
法話は父。講義は私。
なるべく分りやすくなるよう努力します。

その後、西日本新聞の取材を受けました。
昔タレント今坊さんは珍しいということで取材してくださいました。
地方版に載るみたいでございます。
確か7月2日の西日本新聞。たぶん熊本版。
詳細は知りませぬ。
笑顔で写真を撮りました。
笑顔は相変わらず得意です。
新婚でしまりの無い笑顔ですが・・。

6月19日には自坊の門徒会総会も。

6月22日と23日には山口県俵山温泉で雨期安居懸席
深川倫雄和上のお寺さまで教行信証化巻の講義。
201106220.jpg
そして信心正因と転教口称の会読を。

転教口称があたりましててんやわんやで自主研鑽しての会読。
すっきりしない会読で申し訳ございませんでした。

妻のお父さんともお会いできました。
従弟も、従弟の義父も、妹の義父も。

研鑽一族!

毎年、俵山に来ると気が引き締まります。
それに俵山がご縁でお義父さんができました。
ありがたいことです。

山口から熊本へ帰る途中の壇ノ浦!
201106230.jpg

ジョビジョバ時代からファッションは残念なことにあまり変わっていません。
ちょっと落ち着きましたが。
今年で40歳になります。
結婚もしました。
落ち着いたファッションも好きです。
スーツ眼鏡男子(中年)を目指そうかと・・。

24日には玉名組の仏教婦人会と坊守会の研修会に出講。
201106240.jpg
楽しく有難い時間を過ごさせていただきました。

28日には新幹線さくらで京都へ。
201106280.jpg
龍谷教学会議へ。
勉強させていただいた一乗海釈の研究発表があるということでわくわくして行きました。

他にも普賢晃壽和上の「教行信証のこころ」と題した講義。
媒酌人の宇野和上にもお会いできました。
披露宴に出席していただいた方々にも沢山お会いでき、お礼を沢山申してまいりました。
若坊守の弟にもばったり龍大の正門前で会えて嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

なんだかんだでばたばたしております。
しかし自坊に戻れば妻がいてホッとできます。

ありがたいことです。

また研鑽と研究をがんばりまーす。
布教もがんばりたいです。

運動も調子よくやっております。
173センチ58キロ。
しぼれてきました。

バンドメンバーからもらったカホン。
叩きまくってます。

ドラム叩きたいです。

タップシューズ履きたいです。

なんだか毎日幸せです。

暑さなんて平気です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

勝明寺ブログで結婚式と披露宴をアップ。
二次会で驚く私。
odoroki.jpg

| コメント(1) | トラックバック(0)

新婚生活が楽しすぎて怠っていたブログの更新をがんばります。
仏前結婚式の様子を勝明寺ブログにアップしました!
2月の話ですが・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)

5月28日と29日は自坊の親鸞さま降誕会法要。
「台風直撃か?」と心配しましたが、それてくれてホッと安心。

・・詳しくは勝明寺ブログにも書きますね。

28日に若坊守(妻)の中央仏教学院時代の友人が二人お参りくださいました。
ありがたいご縁でした。

皆でわいわい言いながら食事しました。

楽しいですねぇ大人数。
若坊守も楽しそうで、見ているこっちも嬉しいものです。

若坊守の友人に「妻が久しぶりに笑うところを見ました・・ありがとうございます(グスッ)」と言っておきました。
もちろん冗談ですけどね。

29日には降誕会の宴もありました。
踊りや民謡やカラオケやどじょうすくいも!
若坊守が門徒さんから手を引かれて、ステージへ。
分陀利華音頭を振り付け初見で踊るはめに。
その「ぐだぐだ感」がなんとも見事な「ぐだぐだ感」でして、爆笑しました。

自坊の御正忌と降誕会は私も法話をします。
自分のお寺での法話だから『気楽』かと思われがちですが、そうではありません。

大先輩が聞いているので超緊張します。
汗でます。
そう、大先輩は父ちゃんです。

今回も二日間緊張しての法話。

緊張する先輩がいることはいいことだと深川和上がおっしゃいました。
そういや沢山緊張する大先輩方がおられます。

ありがたいことです。もっともっと研鑽いたします。

6月4日に玉名へ。
201106040.jpg
お寺さんの保育園での講演。
70名ほどの若いお父さんお母さんを前に法話を一時間!
ありがたいご縁でした。
私は何が何でも仏さまの話をします。
必ずします。

6月5日に天草へ。
毎年お世話になっている仏教婦人会総会へ。
201106050.jpg
一年間で往生なさった物故者の追弔でもあります。
本堂にお亡くなりになった方々の写真が置かれての法要。

結婚して法話する度に毎回毎回少しづつ変化がありまして。
たとえば今まで独身でしかできなかった内容も沢山あったのですが。
そんな話はもうしなくなっていくのです。

結婚したからこそできる話が増えていきます。

先輩僧侶から「一人前の布教使になるなら、はやく結婚しなさい。布教が変わるから。」とよく言われておりました。

なんとなくその言葉が少しだけ理解できました。

結婚したら急に長生きしたくなりました。
しかし、それも思い通りにはならないのでしょう。
結婚したらいつまでも建康でいたいと思うようになりました。
しかし、それも思い通りにならないのでしょう。

子どもが産まれたらまたそんな思いは強くなるでしょう。

身内を亡くした方を目の前に法話をしてて、急に胸を締め付けられるような思いが。
別れたくなかったでしょう。

そんな別離の苦しみもご存知の阿弥陀さま。
ありがたいなぁと思い法話中にうっかり涙がこぼれそうになりました。

普賢和上が披露宴祝辞で「別離と邂逅」の話をしてくださいました。

夫婦として出会っても必ず死に別れていく。

また会うお浄土はありがたいですねぇ。
そしてお念仏のおみのりに遇うことはありがたいですねぇ。
家庭を持ち仏教の教えを聞かせていただくことはありがたいです。

お寺は忙しいです。
珍しく暇な日があり、妻と遊園地へ遊びに行きました。
全力で楽しむ妻を見て「さすが俺の嫁」と思いました。

嫁写真見せてと言われるので、はいどうぞ。
20110212001.jpg

1

検索

購読