2011年7月アーカイブ

| コメント(2) | トラックバック(0)

暑いです。

境内の蝉がすごい音量で鳴いております。
妻が対抗して玄関から「わーーーーー」と言います、すると、蝉も負けじとボリュームを上げます。

・・それを微笑ましく見つめる僕。
『蝉とはりあう妻』が可愛くみえるくらい夏の暑さにやられております。

犬っころ大悟郎は『食事以外は日陰で寝て過ごす』ことで夏を乗り切る気です。

妻が台所に立つ時間になるとウッドデッキでワンワンと吠えます。
なぜだか野良猫も「呼んだ?俺も呼んだ?」みたいな顔でウッドデッキに来ます。

犬っころ大悟郎は完全に妻に調教されております。
もう妻の顔を見ると自然にヨダレがたれるパブロフの犬状態一歩手前でございます。

いつも妻が犬っころ大悟郎に笑顔でエサをあげてくれます。
『妻にエサをもらう大悟郎』に嫉妬して、「俺にもドッグフードをくれよ!」と叫びたいくらい夏の暑さにやられつつあります。

・・にしても蝉がうるさい。

昔、ジョビジョバの皆で『楽屋で発声練習をする唐沢寿明さん』の物まねで盛り上がりました。
もちろん唐沢さんの発声現場なんて見たこともなかったのですが、なんとなく「こんな感じじゃないの?」みたいな感じで物まね。

『鏡ごしに発声しながら目だけで他の共演者に挨拶をする唐沢さん』という細かい描写。
なんだかとても面白かった気がします。
唐沢さんは、事務所の大先輩!
もちろん大尊敬するお方です。

だってメチャクチャうまいんだもん唐沢さん!

そんな唐沢さんの発声物まねより大きな音量で蝉が鳴いています。

暑いです。

七月は布教にはあまり出ませんので、勉強会などなど頑張りました。
本山安居に懸席する予定が、ちょいと行けなくなり残念です。
まあ新婚でもありますし、来年また!
それ故、部屋で勉強です。

そうそう、西日本新聞の熊本版に取材してもらいました。
201107020nisinihon.jpg
経歴が変わったお坊さんということです。
いろいろやってみてよかったな。

八月末には受けた取材が雑誌に載るみたいです。
女性雑誌。

宗学院の卒業論文が掲載された論輯完成。
なんだか嬉しいです。
タイトルは「宗祖の仏性論および一乗思想の背景に関する一考察 源信『一乗要決』の受容」です。
おお!なんか素敵!

母は「そんなに熱心に勉強するくらいなら、ストレートに龍大行ってりゃ良かったのに」と言いますが、色々やるのが良いのです。

もうすぐ40歳。

男性が一番魅力的なのは40代だそうです。
それがガセだろうが、都市伝説だろうがかまいません。
「俺が魅力的なのは40から!今までの俺の魅力は2割程度!!」を合言葉に妻と頑張っていきます。

経歴が変わっているので、たまに「よく方向転換できたね」とか「よく辞められたね」とか言われるのですが。

ドラマや映画に出だしたころは思いました。
「これで僕の人生、何か形にのこすことができた!」と。
「映像が残るんだ、僕が生きた証がのこるんだ!人の心を動かすことができたんだ!」とかも。

しかし、しかしですね、何ものこす必要はないと気づくのです。

それを教えてくれたのは仏教でした。

タレント時代のもの、結構処分しました。
しかし、音源や映像、たくさんまだあります。
押し入れの奥に沢山。

いずれ再生できなくなるでしょう。

「それも、まっ、いいか!」なんて思ってます。
人生ちょっと面白いなぁ。

あと二ヶ月もしたら、最高に魅力的になる予定・・か?

1

検索

購読